本文へスキップ

販売士検定試験 合格講座で販売士の資格取得を目指す。

販売士検定とは/販売士検定試験

販売士検定試験 合格講座

販売士検定とは

■資格内容

商品知識・店舗管理の専門家 
少子高齢化やライフスタイルの変化、IT化の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入など、流通業界を取り巻く環境は大きく変化している。そのため、流通業界では「消費者が何を求めているのか」「売れる商品は何なのか」を的確に捉え、消費者のニーズに合った商品を提供するとともに、商品の開発から販売までを効率的かつ効果的に行うことができる販売のプロが最も必要とされている。
 
こうした状況の中、販売に必要な商品知識や販売技術、仕入や在庫管理、マーケティングなど、より高度で専門的な知識をもつ人材の育成を目的に行われているのが販売士検定だ。この試験の合格者に付与される「販売士」は、「流通業で唯一の公的な資格」として高く評価されている。昇給・昇格などの人事考課のポイントにしている企業もあり、就職や転職の際の有力な武器になる。
 
また、小売業だけでなく、製造業や卸売業、サービス業で販売に携わる人やめざす人にとって、流通や販売に関する幅広い知識を得るために役立つ資格となっている。


■取得方法

試験科目は各級とも5科目 
レベルは1級2級3級に分かれていて、どの級からでも受験できる。
 
1級は、大規模小売店舗の店長や部長、中小小売業の経営者が対象で、小売業経営に関する高度な専門知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案と総合的な管理能力を発揮する人物を想定している。1級資格を店長への昇格などの条件にしている企業もある。
 
2級は、売場主任、部課長など売場を監督・管理する中堅幹部クラスが対象で、販売に関する専門的な知識を身につけており、売場や店舗を管理する能力、部下の指導育成能力を持っていなければならない。大手の小売業などでは部課長への昇進試験に活用しているところもある。販売士養成講習会や指定通信教育講座の受講者は、販売・経営管理科目が免除される。
 
3級は、売場の担当者などが対象で、接客に関する基礎知識と取り扱っている商品の専門的な知識を習得していることを想定して出題される。受験者の約70%が、将来流通業界を希望する学生で占められている。販売士養成講習会や指定通信教育講座の修了者、全国商業高等学校協会主催による商業経済検定試験の合格者は検定試験の科目が一部免除される。
 
試験科目は1級2級3級とも5科目。学習方法としては、各地の商工会議所、都道府県商工会連合会で開催している販売士養成講習会を受講する。独学では「販売士検定試験ハンドブック」があり、小売業に関する知識が体系的に学べるようになっている。このハンドブックから1級の70%、2級の80%、3級の90%が試験問題に出題されている。
 
合格基準としては、1級が平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上であり、かつ面接試験で合格と判定されること。2級・3級は平均70%以上で、1科目ごとの得点が50%以上であることが目安である。


■試験情報
受験資格: 特に制限なし
試験科目: 1級=[筆記]小売業の類型、マーチャンダイジング、ストアオペレーション、マーケティング、販売・経営管理の5科目/マークシート(一部記述あり)、1科目50分 [面接]表現力、説得力、問題意識を評価する
2級・3級=[筆記]1級と同じ/マークシート各10題、1科目の時間は2級40分、3級30分
申込期間: 地域差があるので、約2か月前に最寄りの商工会議所に問合せる
試験日: 1級=2月 2級=10月 3級=7月、2月
試験地: 各都道府県の商工会議所が指定する場所
受験料: 1級=7,500円、2級=5,500円、3級=4,000円
合格者: 49,817人(平成21年度総数)
合格率: 1級=16.9%、2級=55.4%、3級=51.4%(平成21年度)


■問い合わせ先
日本商工会議所・各地の商工会議所
TEL:03-5777-8600(検定情報ダイヤル)






販売士資格取得への意欲が出てきたら、まずは無料資料請求から