本文へスキップ

販売士検定試験 合格講座で販売士の資格取得を目指す。

VEリーダーとは/販売士検定試験

販売士検定試験 合格講座

VEリーダーとは

■資格内容

製品・サービスの価値を高める技術 
VE(Value Engineering)は、製品やサービスの機能(役割・働き)とコストに着目し、新たな価値を創造する革新手法。大幅なコスト低減と機能向上の両立を図り、人に喜ばれる製品やサービスを提供することを目的に、さまざまな業種で広く活用されている。
 
VEは、ある問題に対して「それは何のために」という問いかけを行い、その目的と手段を分析して問題を解決していく。この過程の中でコミュニケーションスキルやプレゼンスキル、情報整理・分析力といった現代のビジネスパーソンに求められるさまざまなスキルが磨ける。VEの手法をつけることは、個人のスキルアップにも役立つ。


■取得方法

研修受講が条件 
研修受講後、認定試験に合格する(資格取得者は2年ごとに登録更新を行う必要がある)。


■試験情報
受験資格: 満20歳以上で、必要とする内容を含む12時間以上のVE研修(通信教育含む)を受講した者 ※日本VE協会で受験資格要件を満たす「VE基礎講座」(2日間39,900円)を実施。
試験形式: CBT(コンピュータによる試験)方式。VEについての基礎知識、応用能力及びVEリーダーとして備えるべき知識を問う。この試験で一定水準の得点(70点以上が原則)があり、審査に合格すると、登録・認定が行われる。
試験日: ほぼいつでも受験可能 ※申込はインターネットから。合否は試験終了後、その場で発表。
試験地: 全国都道府県に試験会場がある
受験料: 21,000円(学生は10,500円)
受験者: 5,759人(平成21年度)
合格率: 75.7%(平成21年度)


■問い合わせ先
(社)日本バリュー・エンジニアリング協会(日本VE協会)
住所:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢1-4-15 真井ビル6階
TEL:03-5430-4488






販売士資格取得への意欲が出てきたら、まずは無料資料請求から